ちびまめと家族の話

自閉症の息子ちびまめと家族の成長日記です。

学習するルンバ

f:id:mamenosukee:20220930195753j:image

ロボット掃除機のルンバです。

ルンバのお家に帰っている状態です。

スタートすると丸い掃除機が部屋をクルクル動き出します。

 

残念ながら我が家の物ではありません。

娘息子から義母へのプレゼントです。

その前に、使い方を知る為に、一旦我が家に置いてあります。

 

端末に様々な設定ができます。

これはおそらく義母は扱えません。

 

ならば、時間が来ると自動で動き出す設定をしましょうか。

いや、突然動き出し驚いてしまうかもしれないし、足元を動くので引っかかって転ぶかもしれません。

音も気になるかもしれません。

 

これは、私達が行った時にルンバにお掃除してもらうパターンになりそうです。

 

ルンバにお願いしている間に、義母を連れて冷蔵庫の買い出しに出掛けるのも良さそうです。

帰宅すれば掃除が終わっていて

とても助かりそうです。

 

試運転をしてみました。

障害物を避けて、クルクルと空いたスペースを走り出します。

なるほど。下に置いてある動かせる物は上に置いた方が良さそうです。

でも、物があればきちんと避けながら動いてくれます。

 

隅っこもきちんと吸い取ってくれます。

段差はどうでしょう。

3センチくらいの段差なら乗り越えてくれます。

では、玄関で落ちないのでしょうか。

大丈夫でした

落ちそうになると方向転換をします。

AIが、動きながら家の構造を学習してくれるそうです。

 

初めてのこの日、どっかへ行きながらも必ず玄関のロビーに戻りクルクル。

もうそこはゴミ無いよ。

どうしても広いスペースへと向かう様です。

 

まだ学習を始めたばかりだから仕方がありません。

 

初回はわざと置いたゴミは残っているところもありました。

でも、何回か家の中を動いているうちに覚えてくれるでしょう。

 

とは言え、義母が使うもの。

うちはいいのです。

義母の部屋を記憶してくれれば。

 

掃除が終わると、ルンバの家に合体し、溜まったゴミを吸い取ってもらっていました。

 

色々なパターンを設定できるそうなので、毎回家に帰るパターンも良し、出しっぱなしでも良し、そのうち自然と決まってくるのでしょうか。

今の私にはよくわかりません。

 

文明の力ですね。

我が家は、せっせと重たい掃除機を引っ張り、ひっくり返ると文句言いながら起こしに行く、そんな生活が続きそうです。

 

***

 

今日のお弁当

f:id:mamenosukee:20220930201713j:image