ちびまめと家族の話

楽しい人生を

ママ友

f:id:mamenosukee:20220901215306j:image

ママ友事件のニュースを見て、黒歴史を思い出しました。

ママ友って、不思議な関係だと思います。

私がそんな関係しか構築出来なかっただけかもしれませんが。

 

私は三人の子どものそれぞれのママ友と過ごしてきましたが、結局今も連絡を取っている人はごくわずかです。

それも、子ども同士が仲良くて、家族ぐるみでお付き合いしていた人ではなく、子ども同士はいまいちで、そんなに深くは付き合っていなかった人。

 

長男のママ友とは黒歴史の山。

私も初めての公園や幼稚園、学校デビューで、いつも神経使ってどうやって周りと仲良くなろうかと、そんな事ばかり考えていました。

結局、とても優しくしてくれるママに、お金で騙されました。

私だけでは無かった様ですが。

とは言え、自分が無知で世間知らずで馬鹿なだけなのですが。

 

それからはだんだん慎重になりました。

しかし、やはりボスママ的な人は存在し、様々な人間模様がありました。

ほんっとに色々なママと接してきました。

消耗してました。

 

今になって思うのは、ママ友は、子ども次第でその関係性はどうにでも変わると言うこと。

やはりみんな、自分の子どもが一番なので、原因が何であれ、自分の子を不憫に思う事が起きると、たちまち敵になってしまうのです。

 

わかってはいるんだけど我が子が大事、という事です。

それでいいのですがね。

母親の本能だと思います。

 

その点、父親は冷静に物事を分析できるし、ヒステリックにもならない生き物ですね。

良し悪しは別として。

 

結局、いくら仲良くしてきたママ同士でも、子どもが高校生にもなれば親はほとんど会う事も無くなるので、自然と交わる事も少なくなります。

 

そんなかつてのママ友とも、久しぶりに偶然お店で会ったりすると嬉しいですがね。

 

 

しかしながら、やはり最終的には子どもは関係しない方との方が、長く付き合える様な気がします。