ちびまめと家族の話

自閉症の息子ちびまめと家族の成長日記です。

蝉と虫と私と

f:id:mamenosukee:20220812154549j:image

 

足元の雑草に蝉の抜け殻。

よく踏まれなかった、無事で何より。

そして少し歩くと、今度は蝉の死骸が落ちていました。

 

命は交替しながら続いて行くんですね。人も。今が順番の時。

 

 

いつも読ませて頂いているブロガーさんに、虫を、と言うより、虫の命をとても尊く想い、大切に接しておられる方がいます。

殺すことなど絶対にしません。

 

私は苦手な虫は身震いしながらスルー。たまに雄叫び。

大丈夫な虫は普通にスルー。

害虫はスプレー噴射の刑。

 

しかし、その方の記事を読んでいると、虫一匹とて殺さず、命を尊重し、共に生きる者としての愛情が伝わってきます。

 

 

最近、自分でも驚きの行動が。

朝、掃除をしていると、車道に跳んだきたバッタなどをよく見かけます。

あのブロガーさんだったらきっとこうしただろうなと、私も草むらに移動してあげる様になりました。

 

全てをと言う訳には行きませんが。

さすがに蜘蛛の巣などは祓いますが、躍起になって蜘蛛を退治する事はしない様になりました。

 

虫を助けると言う気持ちはほんの入り口で、ひいては、命も物も、そして自分も、全てに心を寄せ大切にする、そんな生き方に繋がっていくんだとわかりました。

私はまだまだですが。

 

色んなブログを拝見し、自分の知らなかった事や、自分では思い至らない考えを知ると、心がとても豊かになる様な気がします。