ちびまめと家族の話

自閉症の息子ちびまめと家族の成長日記です。

さっそく無駄遣い

f:id:mamenosukee:20220811074759j:image

衝動買いで抗原検査キットを25セットも購入してしまい、しばらく後悔していました。

けれども、前向きな有難いコメントを頂き、飛んで行ったお札も、ようやく気にならなくなった私です。

ありがとうございます。

 

***

 

お陰様で、今年も、ちびまめが栃木国体(障がい者の方)に出場させて頂く事になり、先日、県の説明会がありました。

 

案内状には、会場に入る前に全員に抗原検査を行う旨、書いてあります。

 

昨年も同じ様に抗原検査をして陰性がわかってから入場しました。

昨年は検査自体が初めてだったので、何が何だかわからないうちに、陰性という事で、説明会には参加してきました。

 

でも、検査結果を待つ間の長く鬱々とした時間、あれは心臓に良くなかったです。

 

今年も昨年と内容は同じなのですが、今回はこんな但し書きがありました。

もし陽性となった場合、すぐ病院に向かっていただきます、と。

 

大勢の県関係者、競技関係者、選手、選手の家族等がいる中で、陽性が判明し、注目と、‘近づかないでオーラ’ を浴びながらトボトボと病院へ向かうのは、想像しただけで身の毛のよだつ思いです。

 

体調は悪くないのですが、問題は三男です。

一応陰性だったにしても、コロナ疑惑の三男が二日前に帰宅し、同じ屋根の下で生活しているという事実。

もしかしたら感染していて、ちょうど反応が出たりするかもしれません。

 

説明会の前夜、よーく考えました。

そうだ、家には検査キットが山ほどあるじゃないか。

今夜、家で検査して、ちびまめか私、もしも陽性が出たら、明日の説明会は『急用が出来た』と言って欠席しよう。

当日、会場で判明するよりはずっといい。

そして人知れず病院へ行き、静かに回復を待つ。

 

翌日の抗原検査に備えた抗原検査。

さっそくちびまめと二人、検査開始。。。

 

お陰様で陰性でした。

次の日は晴れやかな笑顔で会場へ行くことに(*´꒳`*)

 

 

みんな、緊張した面持ちの中、検査は行われ、陰性を告げられてから入場します。

もちろん、私達は余裕です。

そして「良かったぁ」と笑顔の入場。あざといですね‥!?

 

やはり、ほんの少しですがポツポツと空席はあり、謎の欠席者はおられた様でした。

 

外出前に検査をする事は良い事ですが、理由が不埒。

さっそく無駄遣いをしてしまいましたが、精神的にはとてもとても救われました。

 

そして、このご時世に、前から決まっていたビアガーデンに悩みながらも参加し、挙げ句記憶を失って午前様に帰宅した長男にも、次の日、検査をしました😤

陰性でした。

次の日は早すぎるのかな?

 

やはり購入して良かったです。

すぐに対応が出来、安心できます。

皆さまも在庫が無くなる前に『少し』ご購入をお勧めします^^