ちびまめと家族の話

自閉症の息子ちびまめと家族の成長日記です。

期日前投票へ

f:id:mamenosukee:20220704120736j:image

 

18歳の三男は今回が二回目の選挙。

前回はまだ高校生の時でした。

この度は県外へ越してしまった為、投票に帰ってくる様、話していました。

自分の声を、その一票に託し伝える事の大切さを植え付けたかったのですが、この週末、帰ってきました。

 

さっそく、二男のちびまめと三男と私の三人で、市役所へ期日前投票に出かけました。

ちびまめも期日前投票は初めてです。

 

三人で投票所に入室。

人がたくさんいたので、少し待ち合いの椅子に座って待ちました。

 

受付が一箇所空き、私が先に呼ばれました。

一瞬、「うわっ、ちびまめ、一人で大丈夫かなぁ‥」と心配になりましたが、私が受付へ進むと、三男、ちびまめと、ゾロゾロ私に付いてきてしまいました。

 

受付の方、「ご家族ですね、ではご一緒にどうぞ」。

ホッとしました。

まず、期日前に来た理由を聞かれました。

ただ三男に合わせただけなのですが、私は「当日仕事で」と。

三男も空気を読んで「当日学業の為」と。

次はちびまめです。

ちびまめは理由の欄をジッと見て考えている様でした。

とんでもない事を言ったらどうしようと思いましたが、「仕事です」と。

 

おーーー、大丈夫だった。

 

無事投票を終え、せっかく帰ってきた三男の為に、手巻き寿司を準備しました。

f:id:mamenosukee:20220704120757j:image

ところが三男、夜は友達に会いに行ってしまい不在。

ショーック。

 

結局そうなんですよね。

たまに帰省しても、地元の友達が優先で、夜はほとんど居ない。

ゴールデンウィークの時に痛いほど経験したくせに、すっかり忘れていました。

 

長男は仕事でなかなか帰って来ないし、結局ちびまめと夫と私の三人で静かに巻き巻き。

 

やがて長男が帰宅。

暑さで大分お疲れの様。

「いちいち巻いてらんねぇ」と、どんぶりに寿司飯をてんこ盛り入れ、刺身をドサッと乗せて口に放り込んでいました。

 

男子の食卓なんて所詮こんなものですね。

 

次の日、三男を駅まで送り車を駐車しようとしたら、「ここでいいよ」と。

「え?見送るよ」「別にいいよ」と降りて行ってしまいましたーーーー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

何はともあれ、無事期日前投票完了です^^