ちびまめと家族の話

楽しい人生を

幼児の行方不明

f:id:mamenosukee:20220826112937j:image

三男は、1歳8か月の時、家から脱走し行方不明になりました。

 

我が家は、2歳上の兄、ちびまめが自閉症で多動があった為、家のドアもサッシも全て鍵がかけられていました。

更に、ゲージを付けたり梯子を横にして置いたりして、一人で外へ出られない様にしていました。

 

買い物に行く時も、しっかり手を握って連れて歩くのは自閉症のちびまめ。

ちびまめを車の中に留守番などさせたら、それこそパニックを起こし問題になること間違い無しです。

なので、車の中に閉じ込めておくのは必ず三男でした。

もちろん、数分間の戦争の様な買い物です。

ですが、長い間、三男には我慢ばかりさせていました。

 

 

ある夜のことでした。

19時15分頃、私がトイレに行っている僅かな間に、三男は、梯子をくぐりサッシを開け、網戸を破って外へ出て行きました。

網戸がヒラヒラと風に揺れていました。

 

初めはちびまめが出て行ったのだと思いましたが、姿が見えないのは三男でした。

裸足のまま出て行きました。

 

外は真っ暗です。

辺りを見ても気配はありません。

私は狂った様に隣近所へ駆け込み、応援を頼みました。

家の中にいるちびまめは、外から鍵をかけ一人で留守番。

夫はまだ帰っていません。

小学生の長男と近所の人と手分けして必死に探しました。

 

私の家は新興住宅地で、碁盤の目の様に道路があります。

住宅地は県道に隣接しています。

隣の市との幹線道路で車の通りは多く、道路脇には幅、深さとも2メートルほどの用水路があり水が流れています。

また、住宅地の裏手には農地が広がっており、自然の川や農業用溜池があちらこちらにあります。

 

私は絶望の境地で、心臓が止まりそうになっていました。

今、思い出しただけでもその状態が蘇ってきます。

 

 

三男は見つかりました。

偶然、本当に偶然の事でした。

回覧板を隣に回す為に外に出た方が、暗い中を裸足で走ってくる三男を見つけてくれました。

親が居ないことから、脱走してきたのだと察知し抱っこして保護して下さっていました。

 

幹線道路と用水路は、もはや、すぐそばでした。

感謝してもしきれません。

 

 

今、2歳の男の子が行方が分からなくなっています。

このニュースを見るたびにあの時を思い出し、親御さんのとてつもない苦しみを思います。

 

しかも日数が経っており、もう、精神状態は限界を越えているのではないかと思います。

 

 

今、三男は帰省しており、昨夜も家族でその話題になりました。

 

あなたがここに居る事に感謝しますと。

夏の思い出inユニクロ

f:id:mamenosukee:20220824114030j:image

ユニクロに買い物に行きました。

ルフレジの長蛇の列に、私は男物のパンツ4枚とソックス3足の入ったカゴを持ち並んでいました。

 

3歳くらいの可愛いお嬢ちゃんが列の間を走り回っています。

ママでも並んでいるのでしょう。

 

突然、そのお嬢ちゃんが私の目の前で止まり、少し首を傾け、見上げる様に満面の笑顔で言いました。

 

『おばあちゃん♡』

 

一瞬、たくさんの言葉が頭をよぎりました。

 

なんだ、私に言ってんじゃないのか。

いやいや、人違いですよ。

てか、何言ってんの?私をおばあちゃんて?

 

お嬢ちゃんはまだ私に微笑みかけています。

 

あ、やっぱ私に言ってんだ…

 

大人気のない私は、どうしても「はぁい」とは答えられず無視。

幼子よごめん。まだ無理だ。

せめてあと5、6年待ってくれ。

 

さて、この娘の連れはどちらか。

目で追ってみたところ、前方に並んでいるママらしき女性がそのよう。

 

と、お嬢ちゃん、その女性を「おばあちゃん」と呼んだ。

後ろ姿は若そうだけど。

ちょうどお顔が見えた。

 

おばあちゃん?

おばあちゃんですか?あなた。

私よりずーーーっとお若いではないですか!!どう見ても40代前半。

これだもの、もちろん、50代の私は十分おばあちゃんな訳ですよ。

 

真っ新な心と瞳は、私を瞬時に「おばあちゃん」と判断してくださいました。

 

お嬢ちゃま、ありがとうございました。

今日の事を肝に銘じ、生きていきます。

 

5⚫️歳の夏。

一生忘れません。

 

映画のような恋をした祖父母

f:id:mamenosukee:20220823111318j:image

先日は祖母の命日でした。

嫁ぐまで一緒に暮らしていた父方の祖母です。

 

この祖母、早くに夫を亡くし、子ども7人を育て上げるのに大変苦労しました。

 

この祖父母の結婚、良かったのか悪かったのか。。。

でもこの二人が結婚してくれなかったら、私はこの世に居なかった訳で、何とも言えません。

 

明治生まれの祖父母です。

この二人、祖父の結婚式当日、花嫁を置いて二人で駆け落ちしたのです。

そして、遠くへと行ってしまいました。

祖母、10代でした。

 

結婚するはずだった花嫁やその親族はさぞ激怒したでしょうね…

何と言っても時代が時代です。

 

逃避行先で籍も入れぬまま出産。

何年か経ち、故郷に戻りましたが、もちろん針のむしろだったそうです。

 

籍を入れたのは随分後でしたが、結局8人出産。(うち一人は他界。)

愛の力でしょうね。

あるいは、こうなるべきだったのかもしれませんしね。

 

いや、でも結婚するはずだった花嫁の事を思えば、こんな事は軽々しく言えません。

 

ところが、別れは突然にやってきました。

これまでの報いでしょうか…

小さな子ども達を残して、祖父が他界。

当時の医療ではどうにもならなかったのでしょう。

その後、祖母は相当な苦労をした様です。

 

 

私の父は、お酒を飲むとよく母に言っていたそうです。

 

「親父とお袋の生き方には賛成できない」と。

 

でも、子ども達は兄弟みんな仲良く、そして全員、“普通”に結婚し“普通”に暮らしていました。

一人くらい、やっちゃうのかな?とも思いそうですがね^^;

 

 

燃える様な恋をし、家も職も捨て結ばれた二人。

添い遂げるにはあまりにも早い別れでしたが、濃い人生だったろうと思います。

 

私にも祖父母の血が流れているとは思いますが、劇的な、激動の、破天荒な人生はかけらもありませんです。。

でもそれで良しです^^

 

位置情報共有アプリ

f:id:mamenosukee:20220820094555j:image

北九州市で位置情報共有アプリ(GPSアプリ)を使った刺傷事件が起こりました。

 

このアプリは三男も高校時代から利用しています。

アプリを開くと、地図上にたくさんの友達の顔が散らばっています。

みんなの居場所がすぐにわかります。

登校時や部活、遊び、色々な時に利用している様でした。

一時的に抜けたりまた入ったりは自由だそうです。

 

私はそのアプリは入れていませんが、息子がどこにいるのかすぐわかるのでいいなぁと思いました。

が、お互いに共有しなくてはならないらしく。

で、息子から断られました。

さすがに親から監視されるのは勘弁の様です。

私も息子の居場所は知りたいけれど自分の居場所は何となく知られたくないかも。(^◇^;)

 

「お父さんとすれば」と言われました。

それは夫も私もお断り。

四六時中居場所を知られるなんて、その束縛感は耐えられません。

 

カップルはみんなやってるそうで。

時代ですかね、若さですかね、愛ですかね。。。

 

という感じの私からしたら驚きのアプリですが、一つだけ助かっているのが三男と二男のちびまめが二人で共有していることでした。

 

ちびまめが車で出掛け、なかなか帰って来ない時に三男から位置を確認してもらうと、場所と時速何キロで何処を移動しているかが表示されます。

だと、安心できます。

(例えば新幹線で移動中は時速200キロの表示でアプリの地図上を顔が移動するらしいです。)

 

昔は連絡を取る事も大変だし、ましてや位置を知る事なんてできる訳がなく、モヤモヤ、ハラハラ、ムカムカが多かったですが、今は本当に便利ですね。

 

ただ、今回の様な事件も簡単に起きてしまう。

便利さと危険は隣り合わせな世の中。

難しいです。

 

読んでいただきありがとうございました^^

 

 

ちびまめの成人式でした

f:id:mamenosukee:20220815113544j:image

昨日はちびまめの成人式でした。

この土地ではお盆に成人式を行います。

なので、21歳の年齢時になります。

女性は着物ではなく、ドレスで参加する様です。

 

コロナでここ2、3年は中止や延期になっていましたが、今年は予定通りに行いました。

過去最高のコロナ感染者数を更新している中ですが。

 

ところで、この成人式。

例年通りですと、式が終わった後は出身中学ごとにホテルで祝賀パーティー

当時の担任の先生方を囲んで、懐かしい再会を楽しむ様です。

その後、夜はクラス毎に居酒屋で二次会を。

 

そこで私は前々からとても心配をしていました。

ちびまめは特別支援学級でした。

一応、交流学級で体育や給食は混ぜて頂いていましたが、果たして、この二次会に呼んでもらえるのかしら。

実行委員は生徒達です。

 

もし声がかからなかったら、ちびまめの存在は無いと言うこと。

この悲しさに私は耐えられるか。(本人は何も思わないと思うけど)

余計な事ばかり考えて、親って本当に面倒な生き物。

 

そしてまた、例え呼んでもらえてちびまめが参加しても、誰も声を掛けてくれなくて、最後までボッチになってしまうのでは。

おいおい、結局何が望みなんだ、この面倒くさい母親(私)。

いっそのこと、成人式は中止の方が気が楽と思っていました。

 

ところが7月の初め、市から案内が届きました。

参加する人はQRコードから申し込みをと。

返信用ハガキじゃ無いのね^^;

 

ちびまめに後で確認してみたら、申し込んだと。わぉ

ハガキなら親の目にも留まるけど、今の時代、ほとんどがオンラインなので、親が知らぬ間に何でも事は進んでしまっています。

他の息子もそうです。

 

あ〜あ、飲み会はどうなるんだろう。

親が口出しする事ではないので見守るだけですが。

 

後日、市から郵便で詳細が届きました。

『郵便』はいいですね。

これもオンラインだったらもう何も知る事ができません。

 

ちびまめに見せてもらいました。

なんと、今年はコロナの為に飲食は無しで、市のセンターで式だけを行い終わりの様。

安心しました、勝手に。

ちびまめは飲み会行きたかったかもしれないのですが。

 

昨日はセンターまで自分の車で行きました。

ちびまめ、長男に聞いていました。

「成人式の時、車で行ったの?」と。

そしたら長男、

「俺は友達の車に乗っけてもらってみんなで行った」と。

 

ちびまめにはそんな友達はいません。

結局一人で行きました。

 

みんな賑やかに盛り上がる中、一人でポツンと居てくるんだろうなと、少し可哀想になりました。

 

帰ってきたちびまめ。

とても満足した顔をしています。

スポ少で一緒に陸上をしていた違う中学校の子も含め、当時のメンバーから声をかけられたと。

そしてみんなで写真をたくさん撮ってきた様でした。

 

当時はちびまめに塩対応だった子も、ニコニコとちびまめと写っていました。

時は色々なものを解決してくれますね。

 

決して多くなどなくていい。

ほんの少しの人とでも、昔を思い出して笑顔で関われた事が親として嬉しくてなりません。

 

 

自分で参加を決め、一人で出掛けてその時間を過ごして来た事は、ちびまめの成長の証だと思いました。

人より何十倍も高いハードルなので。

 

成人式が中止になればいいなんて、ひどい事を思った私はとんでもない母親でした。

 

 

読んでいただきありがとうございました^^

 

 

蝉と虫と私と

f:id:mamenosukee:20220812154549j:image

 

足元の雑草に蝉の抜け殻。

よく踏まれなかった、無事で何より。

そして少し歩くと、今度は蝉の死骸が落ちていました。

 

命は交替しながら続いて行くんですね。人も。今が順番の時。

 

 

いつも読ませて頂いているブロガーさんに、虫を、と言うより、虫の命をとても尊く想い、大切に接しておられる方がいます。

殺すことなど絶対にしません。

 

私は苦手な虫は身震いしながらスルー。たまに雄叫び。

大丈夫な虫は普通にスルー。

害虫はスプレー噴射の刑。

 

しかし、その方の記事を読んでいると、虫一匹とて殺さず、命を尊重し、共に生きる者としての愛情が伝わってきます。

 

 

最近、自分でも驚きの行動が。

朝、掃除をしていると、車道に跳んだきたバッタなどをよく見かけます。

あのブロガーさんだったらきっとこうしただろうなと、私も草むらに移動してあげる様になりました。

 

全てをと言う訳には行きませんが。

さすがに蜘蛛の巣などは祓いますが、躍起になって蜘蛛を退治する事はしない様になりました。

 

虫を助けると言う気持ちはほんの入り口で、ひいては、命も物も、そして自分も、全てに心を寄せ大切にする、そんな生き方に繋がっていくんだとわかりました。

私はまだまだですが。

 

色んなブログを拝見し、自分の知らなかった事や、自分では思い至らない考えを知ると、心がとても豊かになる様な気がします。

 

 

さっそく無駄遣い

f:id:mamenosukee:20220811074759j:image

衝動買いで抗原検査キットを25セットも購入してしまい、しばらく後悔していました。

けれども、前向きな有難いコメントを頂き、飛んで行ったお札も、ようやく気にならなくなった私です。

ありがとうございます。

 

***

 

お陰様で、今年も、ちびまめが栃木国体(障がい者の方)に出場させて頂く事になり、先日、県の説明会がありました。

 

案内状には、会場に入る前に全員に抗原検査を行う旨、書いてあります。

 

昨年も同じ様に抗原検査をして陰性がわかってから入場しました。

昨年は検査自体が初めてだったので、何が何だかわからないうちに、陰性という事で、説明会には参加してきました。

 

でも、検査結果を待つ間の長く鬱々とした時間、あれは心臓に良くなかったです。

 

今年も昨年と内容は同じなのですが、今回はこんな但し書きがありました。

もし陽性となった場合、すぐ病院に向かっていただきます、と。

 

大勢の県関係者、競技関係者、選手、選手の家族等がいる中で、陽性が判明し、注目と、‘近づかないでオーラ’ を浴びながらトボトボと病院へ向かうのは、想像しただけで身の毛のよだつ思いです。

 

体調は悪くないのですが、問題は三男です。

一応陰性だったにしても、コロナ疑惑の三男が二日前に帰宅し、同じ屋根の下で生活しているという事実。

もしかしたら感染していて、ちょうど反応が出たりするかもしれません。

 

説明会の前夜、よーく考えました。

そうだ、家には検査キットが山ほどあるじゃないか。

今夜、家で検査して、ちびまめか私、もしも陽性が出たら、明日の説明会は『急用が出来た』と言って欠席しよう。

当日、会場で判明するよりはずっといい。

そして人知れず病院へ行き、静かに回復を待つ。

 

翌日の抗原検査に備えた抗原検査。

さっそくちびまめと二人、検査開始。。。

 

お陰様で陰性でした。

次の日は晴れやかな笑顔で会場へ行くことに(*´꒳`*)

 

 

みんな、緊張した面持ちの中、検査は行われ、陰性を告げられてから入場します。

もちろん、私達は余裕です。

そして「良かったぁ」と笑顔の入場。あざといですね‥!?

 

やはり、ほんの少しですがポツポツと空席はあり、謎の欠席者はおられた様でした。

 

外出前に検査をする事は良い事ですが、理由が不埒。

さっそく無駄遣いをしてしまいましたが、精神的にはとてもとても救われました。

 

そして、このご時世に、前から決まっていたビアガーデンに悩みながらも参加し、挙げ句記憶を失って午前様に帰宅した長男にも、次の日、検査をしました😤

陰性でした。

次の日は早すぎるのかな?

 

やはり購入して良かったです。

すぐに対応が出来、安心できます。

皆さまも在庫が無くなる前に『少し』ご購入をお勧めします^^