ちびまめと家族の話

楽しい人生を

とんでもないよ、今の時代

物騒な事件が多い。

宅配便だからと、おいそれとドアを開けてはいけない世の中です。

しかし、だからと言って宅配便の利用をせずに生活をするのは難しい時代。

 

 

先日、一人暮らし高齢者の実家の母に、ネットで“黒にんにく発酵器”を頼みました。

申し込み人は私で、届け先は実家に。

しかし、後悔。

一人暮らしの母の家に宅配便が来る事に。

 

 

母に常々、むやみに宅配便だからと玄関を開けてはならないと言っています。

これでは黒にんにく発酵器を受け取れない可能性が。

置き配にしてもらえば良かったな。

 

 

空き巣や強盗から身を守るには、家周りの見える防犯を整える事が良いらしいです。

その点、実家は玄関に近づくとライトが点灯、そして軒先に設置した防犯カメラがこちらを見ている。

インターホンは録画付き。

 

f:id:mamenosukee:20230203183434j:image

実は防犯カメラはダミー。

でも犯人は恐れおののくでしょう。?

 

 

5年ほど前。

一人暮らしをしている母のところに、かっぱ寿司から電話が入りました。

「出前の注文を受けておりますが、何人家族でしょうかぁ〜」。

何とも意味不明な手口。

 

寿司など頼んでいない母は、「頼んでいませんが」と答えたらしいです。

5年経った今だったら、素直に一人暮らしと言ってしまうでしょう。

 

そして、後で、こんな事があったのよと母に教えられました。

「いやいや、お母さん、それおかしいよ。

かっぱ寿司は出前なんてしてないよ。」

「ならかっぱ寿司に騙されたの?」

「違うよ、かっぱ寿司の名前を使ったんだよ。」

そこで母もようやく気づきました。

 

 

家を知ってての電話だと悪いので、一応交番に届けました。

その時に、おまわりさんから、見せる防犯のアドバイスを教えて頂いたのでした。

 

幸い、その後は、幾分、安心して暮らしています。

しかし、今どきの○フィーとやらの手にかかったら、ひとたまりもないのでしょうね。

 

 

レジェンド&バタフライを観てきました

f:id:mamenosukee:20230202133256j:image

映画、レジェンド&バタフライを観てきました。

全てが壮観でした。

制作費20億。

世界遺産や国宝で撮影しただけあり、映像の壮大さ、美しさは震えるほどでした。

 

そしてまた、主演の木村拓哉さん、綾瀬はるかさんの演技も素晴らしく。

アイドルとばかり思っていましたが、すっかり鳥肌を立たせる様な役者さんになられましたね。

 

女優さんでアクションが出来るのは強みですね。

○陣シーンを難なくこなし、全速力で馬に乗り。

男性陣に負けず劣らずの身のこなし。

惚れ惚れしました。

 

ラストが分からないサスペンスものやフィクションとは違い、誰もが知る歴史もの。

ラストが予想できるからこそ、その過程がどう表現されるのかが実に興味深く面白かったです。

 

元々、史実には、信長の歴史は事細かに記されていますが、濃姫帰蝶)についてはあまり詳しく伝えられていません。

この映画は、30年間の夫婦の姿を、その史実の隙間を利用し、非常に上手く描き上げていました。

 

生き抜く事すら厳しい時代。

夫も妻も、心が強くなければ生きられない。

誰もが知る英雄とその妻の、

しかし誰もが知らない壮大な生涯。

 

エンドロールの時には、哀しみの中に宿る温もりで心がいっぱいになりました。

 

この映画は、戦国に興味の無い人でも、一つの作品として十分楽しめる映画です。

これがきっかけで、歴史に興味が出るかもしれません。

 

何より、やはり画が素晴らしい。

それだけでも観る価値はあると思います。

ぜひお勧めしたいです^^

 

 

黒にんにくを作ろう🧄

f:id:mamenosukee:20230131113435j:image

                Googleより

 

生にんにくを、皮がついたまま10日ほど発酵させると、真っ黒な黒にんにくが出来上がります。

とても身体に良いそうです。

 

モヤモヤと甘く柔らかで、ニンニクの旨みが果てしなく凝縮されています。

元気モリモリになりそうです。

 

昔は炊飯器で作ったらしいですが、今は黒ニンニク発酵機という名前で、専用の家電があります。

1万円しない位の値段です。

f:id:mamenosukee:20230131113631j:image

                Googleより

 

ネットで取説を読むと、10日くらい保温し、その間、結構な匂いがするらしいです。

 

前に購入した知人は、臭くて家の中には置いておけず、外の小屋に出して発酵させたと。

広いお宅はそれでも良いでしょうが、私も欲しいと言い出した母はどうするつもりなのでしょう。

 

今は店でも黒にんにくは売っているので、母に買ってきてみました。

自分で作ることは無いのでは?と。

ところがそれを食べて、「美味しい!やっぱり発酵機を買う」と。😓

 

ケーズデンキヤマダ電機に行ってみましたが店頭には無し。

そんなに需要がないのかな?

結局ネットで購入しました。

 

まだ届いていませんが、ご近所迷惑にならないことを祈りつつ、実は私も楽しみであります^^

 

 

 

あんた、そこに覚悟はあるんか

リエゾン−こどものこころ診療所』が心に沁みる。

児童精神科医の山崎育三郎と、山崎医師からADHDの診断を受けた研修医の松本穂香が繰り広げる医療ヒューマンドラマだ。

 

耳が聞こえない、目が見えない、車椅子、等のドラマは結構あるが、子どもの発達障がいのドラマは珍しい。

自閉症でも、特別な力を持つサヴァン症候群のものなどはたまにありますが。

 

まだ2話ですが、小さな子どもが、発達障がいと診断されるまで、されてから、その後、そんな時期にスポットを当てている。

 

玩具のたくさんある広い待合室で、個性のある子ども達がごちゃごちゃとそれぞれ思い思いの事をしていたり、パニックを起こしていたり、でもそんな中にとても可愛らしい一面がたくさんあったり。

 

そんな我が子を見つめる親御さんの表情はどれも重く、そんな部分も自分と重なり、あの頃の感覚が一気に思い出されました。

 

「私はいつもいつも謝ってばかり…」と嘆いたお母さん。

大丈夫、大丈夫、いっぱい色々あるけど、なる様にしかならないし、はたまた、なる様になるし。

人は前に進める様に出来ているみたい。

 

どんな子でも今は今しかない。

すぐ大きくなっちゃって、「ママ」なんて言ってくれなくなる。

今という時間を大切に、いつもぎゅーっと抱きしめてあげて欲しい。

 

 

21歳になっても、個性と認めてはいるものの、悩みどころは多々ある。

将来を不安に思うことも。

凹凸が消える事はない。

 

でも、このドラマを観ていて、息子と共に過ごしてきた時間を振り返る事ができた。

その上で、本当に個性と認める覚悟は出来てるのか?と自分に問い正してみたい。

 

療育はもう終わり、一人の成人として今を生きている息子。

 

 

自分、精一杯やったんだろう?

なら、自信と覚悟を持て。

 

 

それが私の課題です。

 

f:id:mamenosukee:20230129095429j:image

 

 

除雪作業の皆さまに感謝

ようやく、寒波も一休みの様です。

先日は最高気温➖6℃

帰宅した家の中は、まるで雪山の山小屋の様に冷えていました。

 

暖かい地方ではないにせよ、ここまで気温が低くなる事はありません。

家の中は各部屋にエアコンやストーブがついている程度。

なので、トイレに行く時は一枚羽織って部屋を出ていました。

 

しかも、冷蔵庫より廊下のビールの方が冷たかったという。

 

 

こんな寒い日は雪かきも大変です。

雪自体は細かくサラサラしているので、プラスチックのスコップで楽に掃くことができます。

その代わり、極寒の中、自分の体が樹氷の様になってしまいます。

 

逆に、気温が高かったり、溶け始めの雪は、湿って重たく、力がいって大変なのです。

 

 

冬は、積雪があると、朝、除雪車が出動します。

f:id:mamenosukee:20230127140428j:image

建設会社が請け負って下さってるようです。

 

毎年、入札により建設会社が決まり、更に区域が決められるそうです。

毎年同じ会社ではなく、同じ会社だとしても、人は違うかもしれません。

 

やはり、作業に差があるのです。

上手な人、几帳面な人、もしくは会社の指導によって(?)、道幅ぎりぎりまで広範囲に綺麗に掃いてくれる人と、道路の真ん中だけ掃いて行ってしまう人。

そして地面ギリギリまで掃いてくれる人と、たくさん雪を残したままの人。

昼になると溶け始めた雪で道がザクザクになってしまいます。

 

市町村でも違います。

雪をどかすスペースが無いからかもしれませんが、街中の市ほど、除雪が行き届いていません。

小径にも来てくれず、家の前はそれぞれが掃くか、積もりっ放し。

 

それが、田舎に行けば行くほど、積雪の量も違うからでしょうが、除雪車は大きいし出動台数も多く。

 

しかも、一日に何回も掃いてくれ、慣れていて上手です。

国道はガードレールギリギリまで掃いて、夏場と変わりなく車が通れます。

行政の予算も多くとり、重機にも人員にもお金をかけているのだと思います。

 

山の方へ行くほど道が綺麗で安心して運転ができるのですが、

降り落ちる空中の雪にはなす術がなく、ホワイトアウトで年中事故は起きています。

 

 

どんな除雪であれ、朝早くから作業をして下さっている方のお陰で私達は日常を送れています。

 

いつもありがとうございます😊

 

 

 

珍獣入るべからず⛔️

少し前のことですが、自宅二階のトイレにネズミの💩がポロポロと落ちていました。

 

ドアも窓の網戸も閉めているのに、どこから入ってきたの?

f:id:mamenosukee:20230123214810j:image

 

そんなある時、二階のトイレから三男の雄叫び!

「便器の中で黒い物が動いてる!」

 

「流して!」と叫んでいた私。

「なに?なんだった!!」

「わかんない!わかんない!わかんない!!!」

正体不明の生物に狼狽える二人。

 

一体、どこから侵入してきたのか。

その後も相変わらず、何物かの💩はポロポロと。

そしてまた三男。

「ぎゃぁーーー!」

 

「母さん、コウモリだった。水の中でバタバタしてた。思わず流しちゃったよ!!」

 

正体はコウモリだったかーー

f:id:mamenosukee:20230123212653j:image

 

なら、きっと換気口から入って来たのね。

換気口にストッキングをかぶせました。

 

ストッキングにはネズミと同じ様な💩がどんどん溜まっていきます。

こんな狭い隙間からよく入って来れるもんだ。

 

何回かストッキングを替えていますが、一体、何匹のコウモリが来てるのかと思うとゾッとします。

生き物の習性は凄いと言うか、怖いです。

 

コウモリが、トイレの床や天井に止まっているのでは無く、水の中に落ちていると言うことは、水を求めていたのでしょうか。

水なんて外にたくさんあるだろうに、なぜうちのトイレにw

 

 

お陰様で、生き物が好きな三男は二回も生きたコウモリを流して、それがトラウマとなりました。

 

 

先日、換気扇を外から金網で塞いでもらいました。

これでストッキングを替える手間も、💩の心配も無くなりました。

 

 

メール<電話<直接

今朝、一年振りに公民館清掃がありました。

我が町内会はちょうど12班あるので、一年に一回、班ごとの公民館清掃当番が回ってきます。

 

この公民館清掃、コロナ禍一年目は中止。

役員さんが毎月やって下さっていました。

二年目からは復活。

とは言え、国道と公園の花植え、除草、川の清掃は、今だにシルバー人材センターの方がやって下さっています。

 

役の当番が当たっていない今、私が顔を出すのは公民館の清掃だけ。

正直、楽です。

そして人は、知らず知らず、楽な状況に溺れていきます。

 

実は、お恥ずかしいことに、先日、清掃当番のお知らせがポストに入っていただけで憂鬱な気持ちになりました。

そして今朝、少し緊張しながら公民館に向かいました。

 

一家から一人なので、そのお宅によって、集まる面子がだいたい決まっています。

我が家は外仕事は夫、中の仕事は私が出る事になっています。

 

久しぶりに顔を合わせたご近所の奥様方。

みんな思わず顔がほころびます。

 

やっぱり嬉しいものです。

友達とも違い、そんなに深い付き合いはありませんが、近況報告をしながら、終わってからも外で四方山話。

持ち帰った濡れた雑巾が半分凍っていました。

 

億劫に思っていた朝の清掃も、終わってみれば皆んなと話せて楽しかったです。

 

昨日、書店で目に入ったシニア向け雑誌の文字。

 

【健康に生きる日々の心掛け】

  ※メールより電話

  ※電話より直接

 

 

ごもっとも!!

 

f:id:mamenosukee:20230122122738j:image